MENU

ウォームスパイシーとは?

ウォームスパイシーってどんな香り?

シナモン、クローブ、ナツメグ、カルダモン、生姜、コリアンダーなど。

海外だとこれらの香りを嗅ぐとクリスマスや休日を想像するみたいだけれど、日本だとカレーだ。スパイスというのはそもそも漢方薬でもあるわけで、なんとなく体がポカポカするような、体温が上がる、そんなイメージ。そのためここに含まれるノートを使った香りは秋冬向けの香水に使われることが多い。

momo

Warm Spicyを直訳すると「温もりのあるスパイシーな香り」って長くてとても使いづらい。
当サイトでは「ウォームスパイシー」で統一していこうと思います。

「ウォームスパイシーとは?」の
香りのピラミッド
トップノート
ミドルノート
ラストノート
シングルノート
「ウォームスパイシーとは?」の
フレグランスデータ
ブランド名
未分類
コレクションシリーズ
グループ
フレグランスホイール
ABOUT ME
momo
香の森の管理人「momo」です。某フレグランスショップの店員として勤めておりましたが、現在はWebデザイナーとしてHP製作を生業とする。香水沼にハマるきっかけは、クルジャンのバカラルージュ540で今でも愛用。香水の魅力を分かりやすく伝えたいと思い立ち図鑑のようなサイトを目指しています。こつこつと時間を作ってまとめていますので、香水探しのお役に立てれば幸いです。